teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


“我ら、団塊 新年大特集”中西しげあき 歯は命 快適な義歯は宝物

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 1月16日(水)22時42分32秒
  http://www.choujintairiku.com/dankai/nakanishi071231.html

インターネットサイト『超人大陸』(NPO法人マンネリを打破するカルチャーショッ
ククラブ) コンテンツ“我ら、団塊 新年大特集”にてインタビュー動画配信中!

 ⇒『超人大陸』ホームページ
http://www.choujintairiku.com/top2.html

http://www.choujintairiku.com/top3.html

 ⇒マンパワージェネレーション 我ら、団塊 新年大特集
http://www.choujintairiku.com/dankai/2008.html

中西しげあき 日本歯科技工士会会長

 歯は命 快適な義歯は宝物

http://www.choujintairiku.com/dankai/nakanishi071231.html

 
 

ニッシー現る! 中西しげあきの全国遊説記

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 4月20日(金)21時47分52秒
  楽天ブログ
「ニッシー現る! 中西しげあきの全国遊説記」は、
中西しげあき本人が更新中との説

http://plaza.rakuten.co.jp/sukatan1/

 

歯科医療従事者の為の無料相談です!

 投稿者:テロンメール  投稿日:2007年 3月 2日(金)22時56分19秒
  はじめまして!不躾に申し訳ありません。
もし不都合でございましたら、削除くださいますようお願いいたします。

私が勤めていた歯科医院は、実態のない有限会社を作ってそこに歯科技工士を所属させ、雇用問題や資金繰りに困るとその有限会社ごと切り捨てて知らん顔するという事をおこなっています。
労働監督署は書類上が違う会社になっていれば、実態がその歯科医院でも何も出来ないので個人で裁判でもしてくれと言うのです。
この医療法人は何度もこれを繰り返して切り抜けているようなので、他にも違う医院や診療所でもこういった事はあるのかもしれません。
たった一人ではどうする事も出来ないと思っている人がいらしたら、ぜひ相談しあいませんか?
3月10日に「歯科に働くもののサポート110番」を行いますのでお電話下さい。
賃金・雇用・休日・労働時間・解雇など、何でも結構です!

ぜひ3月10日(土)11:00~19:00
075-801-8002
075-813-2028
FAX:075-811-6170(24時間)
MAIL:irouren@labor.or.jp / kyoto-hyuman.u@labor.or.jp
までご相談下さい!!


当日は弁護士さんにもお越しいただき、無料で相談させていただけます。
一人で悩まず相談しあいましょう。

突然このような重たいお話を書かせていただいて申し訳ありません。
ですがどうか、よろしくお願いいたします。
 

21世紀の医療と福祉を支える会 第2回シンポジウム

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 2月16日(金)15時12分37秒
  21世紀の医療と福祉を支える会では、医療と福祉の課題を考え、国民のための医療と福祉政策を模索することを目的にシンポジウムを開催いたします。

 下記により、第2回シンポジウムを開催いたしますので、多数のご参加をお待ちしております。


 ○テーマ

  「21世紀の医療と福祉を支えるために

     ・・・関係職種の教育を考える・・・」

 ○日 時

   平成19年2月17日(土)13時~16時

 ○会 場

   航空会館 東京都港区新橋1-18-1  電話03-3501-1272

        http://www.kokukaikan.com/tizu.htm
 ○プログラム

   1.基調講演 13:20~14:00

      元文部科学大臣・衆議院議員  中山 成彬 先生

   2.シンポジウム  14:05~16:10

      シンポジスト

       下澤 正樹 (歯科技工士・日本歯科技工士会常務理事)

       村田 豊松 (診療放射線技師・日本放射線技師会理事)

       福嶋裕美子 (作業療法士・福嶋リハビリテーション学院学院長)

       深井小久子  (視能訓練士・九州保健福祉大学教授)

        金子 岩和 (臨床工学技士・日本臨床工学技士会理事)


         討 論

                     以 上

http://www.21sasae.gr.jp/sub8.html

 

平成19年 年 頭 所 感

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 1月 1日(月)11時04分55秒
  平成19年 年 頭 所 感


 新年明けましておめでとうございます。
 会員の皆様におかれましては,日頃より地域歯科医療に貢献されておりますことに心より敬意を表します。
とともに,常日頃より日本歯科技工士会の諸活動に対しご協力を賜りますことに深く感謝申し上げます。
 さて,少子高齢社会,科学技術の高度化,情報化などを背景として,新しい医療システムの構築や医療技術・器材等の研究開発が急速に進められている今日,私ども医療技術者には,専門的知識ならびに専門的技術をもってチーム医療に主体的に参画する資質が求められているところでございます。
 国民の歯科医療サービスに対するニーズが日増しに高まるなか,その一翼を担う歯科技工士も養成段階において,幅広い知識と深い専門的技術を学びとるに十分な,知的,道徳的および応用的能力の涵養と,併せて一層の人格の陶冶をはかることが求められております。
 具体的には,養成年限の延長をはかることにより,現在の歯科技工士養成校において実施されておりますカリキュラムに弾力性を持たせ,ゆとりと特色のある,専門性と幅広い教養を身につけた歯科技工士を排出させることこそが,今後の教育に必要となってくるのではないでしょうか。真のチーム医療を確立させるために,歯科技工士の養成を高等教育制度に改める運動に真摯に取り組み,歯科医療の安全確保に一体となって寄与してまいりたいと考えております。
 歯科技工士国家試験に閑しましても,統一試験制度を構築し,同じ基準で個々の身につけた知識と技術の水準を判断することが,行政上,予算の無駄を省くことになると同時に、今後の人口動態に鑑み、良質な歯科医療の提供を行う上でも必要不可欠となることは明らかでございます。歯科技工士国家試験を統一試験とする道を模索してまいりたいと存じます。
 また,現在行われているような医療費の圧縮政策は,医療技術発展への障害となり,人的資源の先細りをも招きかねません。現に歯科技工士の養成現場においては,定員割れをおこしているところが少なからず見られます。医療費の効率化・適正化をはかると同時に,医療費の無駄を省さ,医療技術の担い手に報酬が適正に配分される制度の構築が急務であると考えております。
 さらには,歯科技工士の抱える様々な問題を公的な場で議論し,改善するためのあらゆる機会の創出をはかっていかなければならないと考えております。医療の現場で働く者と国民の皆様の声を反映させることこそ社会保障政策の要諦であり,同時に医療技術職の社会的認知の向上のための努力が必要です。
 日本歯科技工士会は,各歯科技工士養成校において身につけられました知識と技術をいかんなく発揮できる歯科技工業界の構築に今後とも邁進してまいります。
 会員の皆様におかれましては,今後とも日本歯科技工士会へご支援,ご協力を賜りますことを衷心よりお願い申し上げますとともに,更なるご発展,ご健勝を祈念申し上げ,年頭のご挨拶とさせていただきます。


                社団法人  日本歯科技工士会

                    会 長  中 西  茂 昭

http://www.nichigi.or.jp/nentou07.htm

 

WEB版『ごまめ』が、36号に更新されました。

 投稿者:管理人  投稿日:2006年12月28日(木)18時45分58秒
  WEB版『ごまめ』が、36号に更新されました。

http://www.biwa.ne.jp/~yusei-e/

 

はじめまして

 投稿者:田尾 耕太郎メール  投稿日:2006年11月29日(水)00時06分29秒
  突然のメール申し訳ありません。検索して辿り着きました。

「歯医者/歯科情報の歯チャンネル」というサイトを運営しております、元楽天監督の田尾安志の長男、歯科医師の田尾耕太郎と申します。

この度は貴サイトとぜひとも相互リンクして頂きたく、メール致しました。

もし相互リンクをして頂ける場合は、当サイトへリンクをした後、お手数ですがメールにてその旨をお伝え下さい。

当サイトのリンク集のページは以下のURLになります。
http://www.ha-channel-88.com/link.html


本当は当サイトから貴サイトへのリンクを貼った後にご連絡するべきなのですが、当方サイト運営にかけられる時間が非常に限られており、このような形でのお願いとなりますことを、どうかご理解下さい。

リンク完了のメールを頂いた場合には早急に当サイトからも貴サイトへリンクをし、メールを送らせて頂きます。(3日以内にはご連絡します)

当サイトの情報は下記になります。


【サイト名】歯医者/歯科情報の歯チャンネル
【サイトURL】http://www.ha-channel-88.com/
【紹介文】歯医者さんが作った歯科サイト!歯医者/歯科医院検索、歯科情報、無料相談、歯科リンク集など。
【バナー】<img src="http://www.ha-channel-88.com/images/120-50.gif" width="120" height="50" alt="歯医者/歯科情報" border="0">


以上、突然のメールで恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願い致します。


************************************
株式会社 ファンクション・ティ
取締役・歯科医師 田尾耕太郎
Email:mail@ha-channel-88.com
************************************
 

06南東北3県野球大会

 投稿者:管理人  投稿日:2006年10月23日(月)22時20分48秒
  平成18年10月1日・福島県の日和田球場に於いて南三県野球大会が開催されました。

優勝  ・ 福島県

準優勝・ 宮城県

三位  ・ 山形県

 ※来年度は山形県開催になります。

http://www.fukushigi.or.jp/index.html

 

21世紀の医療と福祉を支える会が第2回ゼミナールを開催

 投稿者:管理人  投稿日:2006年10月18日(水)23時04分0秒
  21世紀の医療と福祉を支える会が第2回ゼミナールを開催

 「21世紀の医療と福祉を支える会」(熊谷和正会長)は歯科技工士,作業療法士,診療放射線技師が中心となって設立した政治団体であり(2006年1月17日の「ヒョーロン・ニュース」を参照),各医療技術者の役割を学ぶ機会として,定期的にゼミナールを開講している.その2回目となるゼミナールが10月14日,東京・有楽町の東京国際フォーラムにおいて開催された.今回は,歯科技工士と臨床工学技士にスポットを当て「医療技術者の役割を学ぶ」と題し,川崎忠行日本臨床工学技士会会長と中西茂昭日本歯科技工士会会長による講演が行われた.

真のチーム医療実現のために
 座長を務めた熊谷和正会長(日本放射線技師会会長)は冒頭挨拶に立ち,現在の医療現場について「チーム医療が進んでいるが,制度が間に合っていないため現場に混乱をきたすことが多い」と指摘し,真のチーム医療実現のためには抜本的な制度改革が必要であり,そのために「われわれの仲間から政治家を輩出することが必要である」と訴えた.

臨床工学技士の誕生と今~命と機器がそこにある事実
 川崎忠行講師は,「臨床工学技士の誕生と今~命と機器がそこにある事実」と題し,臨床工学技士が昭和62年に資格法制化となるまでの歩みと業務内容について概説した.また,直面している現在の諸問題として,国が医療機関への配置を推進してこなかったために国立の医療機関に臨床工学技士がほとんどいない現状や,専門医療職種であるにも拘わらず技術料評価がない(0円)といった,切実な現状が説明された.

歯科技工士の果たす社会貢献~半世紀の足跡 さらなる挑戦
 中西茂昭講師は,「歯科技工士の果たす社会貢献~半世紀の足跡 さらなる挑戦」のなかで,口腔機能の重要性や歯科技工士の役割,そして歯科技工士法制定までの道程と日技50周年式典までを紹介した.また,昭和63年の「委託技工料」厚生大臣告示(技工料7割を製作者,3割を指示者)について,「これをしっかり整備しないと真のチーム医療からは遠い存在だ」と述べ,国民への良質な医療の提供のために「この事実を国政の場で主張しなければならない」と訴えた.

 最後に熊谷和正会長は,今後も同様の企画を続けていく考えを示すとともに「医師や歯科医師にも参加してもらいたい」との考えを述べた.

(2006.10.18)

http://www.hyoron.co.jp/index.html?=top.html#Anchor-11481

 

入れ歯に所有者名を刻む 歯科技工士 特養訪れて奉仕 滋賀県歯科技工士会

 投稿者:管理人  投稿日:2006年10月 5日(木)23時34分55秒
  入れ歯に所有者名を刻む
歯科技工士 特養訪れて奉仕

 滋賀県歯科技工士会(大伴崇会長)のメンバー10人がこのほど、長浜市川道町の特別養護老人ホーム青芳を訪れ、ホームなどの入居者の入れ歯に名前を刻む「義歯刻印」の作業をした。

 同技工士会が、老人ホームなどで義歯の取り違えなどで困っているとの話を聞き、1999年から県内各地を回り、無料奉仕を続けている。

 今回は、青芳を含め湖北地方の3カ所の特別養護老人ホームから依頼のあった57人分、101個の義歯を対象にした。技工士らは青芳の地域交流スペースで、日ごろ使い慣れた歯科機材を使って、義歯の内側の歯肉部分にそれぞれ所有者の名前を刻んだ。

 特別養護老人ホームなどでは、入居者の義歯をまとめて洗浄すると、所有者が分からなくなったりするため、個別に作業していたという。青芳の種村弘文施設長は「これで義歯洗浄などの作業がスムーズにできます」と喜んでいた。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006100500056&genre=K1&area=S00

 

レンタル掲示板
/25