teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ブランド偽物 98jp.com(0)
  2. ルイヴィトン偽物/シャネル偽物bag26.com(0)
  3. ルイヴィトン偽物/シャネル偽物bag26.com(0)
  4. ※VUITTON-ルイヴィトンN級最高等級時計大量入荷(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:247/1728 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ニュルンベルグ と ワンダーランドと アムステルダム

 投稿者:昭和  投稿日:2014年 2月 8日(土)15時44分34秒
  通報 返信・引用
  昨日、ドイツから帰国しました。今回初めてニュルンベルグのトイメッセとハンブルグのミニチュアワンダーランドを訪問しました。帰途、飛行機の乗り継ぎで短時間ですがアムステルダムに一泊しました。全行程で10日の旅となりました。当方は欧州の鉄道とその模型には詳しくありませんがDCC先進国のDCCの進化の状況を垣間見ることと、レイアウトにおける架線の作り方やその商品をテーマにして訪問してみました。・・・ところが行ってみると、それ以上のことがたくさんあって、鉄道模型そのもののあり方に対して、かるいカルチャーショックを受けました。日本は車両模型が中心で、欧米はレイアウトを楽しむことを中心に鉄道模型を楽しんでいる、と長年聞きつつも一方では日本もレイアウトが盛んに作られるようになってきて欧米に追い付いたかの感がありました。全体としてはたぶんそうだと思います。ところがハンブルグのミニチュアワンダーランドのレイアウトやトイメッセでViessmannやFallerの出している「からくり」の数々を見ているとギミックはDCCによる車両のそれらからレイアウトの人々の営みを表現するための多種多様なギミックに進展していました。まず1枚目はニュルンベルグの城壁内、到着直後の町の様子です。2枚目は城壁外の見本市会場の入り口、3枚目はニュルンベルグ中央駅構内にあるレイアウトです。レイアウトの奥に見える店は模型屋ではなくキオスクです(^^ゝ”。  
 
》記事一覧表示

新着順:247/1728 《前のページ | 次のページ》
/1728