teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ブランド偽物 98jp.com(0)
  2. ルイヴィトン偽物/シャネル偽物bag26.com(0)
  3. ルイヴィトン偽物/シャネル偽物bag26.com(0)
  4. ※VUITTON-ルイヴィトンN級最高等級時計大量入荷(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:234/1728 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ハンブルグ その3

 投稿者:昭和阪急神戸線  投稿日:2014年 2月17日(月)09時32分15秒
  通報 返信・引用
  その隣の『特別展示ゾーン』には8ヶのジオラマが3セットあります。どのジオラマも1米角で、上下左右からしっかり見物が出来ました。第一セットの情景はベルリンのとある街角をドイツ敗戦の1945年(昭和20年)からベルリンの壁崩壊の1989年11月まで、順を追って8つに分けて展示したものです。8つは全く同一の街区で、年次とともに爆撃を受けた街が復興していくとともにソ連の影響が拡大して東西ベルリンが壁によって分断され、東側には検問所や監視塔が立ちます。さらに時が進むと西と東のベルリンの街の雰囲気がどんどんと明暗に分かれて行きます。しかしついに1989年、ソ連共産党の崩壊とともにベルリンの壁が崩壊し、大群衆が壁に上って歓喜の叫びをあげています。このジオラマには戦前にできていたS-bahn(大阪環状線のような市内の高架鉄道)の一部が再現されていて、爆撃でぼこぼこになっていた1945年の情景、数年で復旧し活用されていた情景、その後、壁の建築とともに東ベルリン側の高架が撤去されてしまった無残な情景などがリアルに表現されています。見ている前で小学生たち数名がなにか指さしつつデジカメで撮影していきました。鉄道模型と歴史教育の融合というものを今回初めて目の当たりにして、ドイツ人の発想はすごいと思いました。これは公的な博物館ではなくてミニチュアワンダーランドという民間企業のテーマパークで行われているわけです。  
 
》記事一覧表示

新着順:234/1728 《前のページ | 次のページ》
/1728