新着順:1001/7625 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

方広寺の大仏は、奈良の大仏より デカかった

 投稿者:牽牛  投稿日:2019年 6月 9日(日)17時27分40秒
  通報 編集済
  秀吉は、奈良の大仏よりでっかい大仏を京都、方広寺に作りかけたが、伏見大地震で

倒壊し、そのままでこの世を去った。

   家康が「秀吉殿下のためにお作りなさい」と秀頼に作らせたが、

   寺の鐘楼、釣り鐘の文句『国家安康』になんぐせをつけ、関ヶ原の合戦に発展した。

     これが「講談」に出てくる、釣り鐘 事件です。


    “ 落語を聞けば、馬鹿になり、

       講談を聴けば、利口になる ” と・・・・ よく 講談師はいいますが、

       講談は 本当のようなうそのような お話です。

https://www.youtube.com/watch?v=yYl_CbUJNf4&feature=youtu.be  もう一度 講談を!



http://京都のitベンチャーで働く女の写真日記.com/kiji.html?entry=2011-12-20-01

https://kyoto-design.jp/report/13857


◆ 今日は、雨の中、午前8時、「森の家主催」 永保寺清掃 
    新潟の 【雪花】さん(もと講談師ならぬ 好男子)と 【河童】ちゃんがきてくれました。
    本当に頭のさがる、『奉仕活動』です

     町内の隣を気にする「多治見市・隣組・清掃強制」はだれでも「仕方なし」に やりますが、
     こういうことは出来るもんではありません。 敬意を表します。 
 
》記事一覧表示

新着順:1001/7625 《前のページ | 次のページ》
/7625